予約はこちらから
アクセスのご案内
TEL:0770-21-4103 9:00~12:00 / 15:00~18:00 小児科(月曜・木曜14:00~17:00)

助産師のご案内

予約について
求人案内
facebook
HOME»  助産師のご案内

お産について

私たちは、お1人お1人の「幸せなお産」をそのままの自然な形でお手伝いさせていただこうと考えています。
自然というのは、不必要な医療介入をしないというだけではなく、お母さんやご家族がお産に対してどのような思いをもたれているのか、どのように赤ちゃんを迎えたいのかを考えながら、その人らしいお産をしていただくという事です。

当院では分娩台でのお産だけでなく、畳のお部屋でのお産も可能です。
陣痛の間や赤ちゃんが生まれる瞬間は、どなたでも立ち会って頂くことが可能です。
リラックスできる場所で自由な体制で、側に居て欲しい方に支えてもらいながらのお産は、とてもアットホームで心に残るものになると思います。

新しい家族の増える瞬間が、ステキな思い出となる様、私たちはお母さんと赤ちゃんの安産を常に考慮しながらお産のお手伝いをさせていただく事を心がけています。
万が一のトラブルに対しても24時間医師が待機しており、早期に対応できる体制となっております。
お産に対しての疑問、不安な事がございましたら、何でもお尋ねください。

母親教室

前期・中期母親教室

妊娠によって変化するお母さんの体や赤ちゃんの成長、妊娠中の過ごし方について一緒に学びを深めましょう。9週から30週の妊婦さんとご主人やご家族の方が対象です。母子手帳と筆記用具をお持ちください。

【プログラム】

  • マタニティカレンダー
  • 妊娠中に赤ちゃんへ心を向ける大切さ
  • 妊娠に伴うマイナートラブル(つわりや体重など)
  • 性生活の注意点
  • 妊娠中の食事
  • 骨盤ケア

後期母親教室

当院でお産されるお母さん方が、安心してお産に臨める様に教室を開いています。お産のことだけでなく、お母さんと赤ちゃんの健康についてもお話しをさせていただいており、この教室を通して1人1人がステキなお産に巡り合えればいいと考えています。出産予定日の近い妊婦さんたちと情報交換をしていただく機会にもなり、交流も深まりますよ♪ご主人やお家の方の参加も大歓迎です!!

【プログラム】

  • お産のはじまりと入院のタイミング
  • 入院の準備
  • お産中の過ごし方
  • 安産に向けて
  • 母乳育児の準備
  • クリニック内案内

助産師相談室

妊娠中はホルモンが大きく変動する影響で、涙もろくなったり、不安になったり、精神面において不安定になりやすい時期とされています。助産師に心配事や不安に思うことを相談し、気持ちを軽くしてお産に臨みましょう。
相談室は妊娠中期(16~27週)と後期(28週~)の方を対象に行っています。できる限り2回受けられることをお勧めしています。
中期では、妊娠中の過ごし方やどんなお産にしたいか助産師とお話し、自分のお産に向けて気持ちと身体を整えていきましょう。
腰痛や便秘に悩んでいる方は相談すると良いでしょう。
後期では、バースプランを活用して、助産師と一緒にお産のイメージを膨らませていきます。お産のときに、どのように過ごしたいのか、家族や、医師・助産師・看護師に何をしてほしいのか考えましょう。
「バースプラン」とは「お産の計画」です。助産師といっしょに自分のお産について考えましょう。助産師が疑問に答えたり、相談に応じます。

2週間健診

産後のお母さんは、ホルモンバランスの崩れから身体や心の負担が大きくなっています。
退院後から1ヶ月健診までの期間は育児への不安も大きく、産後2週間頃に一番現れやすく なっているため、お母さんの不安を軽減できるように2週間健診を行っています。

  • 新生児:体重増加、哺乳量の測定、臍の状態、全身の観察 等
  • 母親:授乳の状態、乳房の状態、希望時や必要時には乳房マッサージ
    育児で困っていることや不安なことなどの相談 等

乳房ケア

おっぱいは、百人いれば百通りです。お母さんと赤ちゃんにとって一番いい方法を一緒に考えながら、おっぱいのケアをさせていただいています。当院では母乳育児を推薦していますが、絶対に母乳でなければいけない訳というわけではありません。
授乳や育児において「こうでなくてはならない」というものはないと考えています。
お母さんが楽しく育児をすることが一番ですよね。そのためのお手伝いができればと思います。
何でもお気軽にご相談ください。

  • 入院中の授乳介助
  • 乳房外来
    随時、退院後の助産師による母乳育児相談と乳房マッサージを行っています。
    お電話でご確認の上、来院してください。

骨盤ケア

骨盤は二本足で歩く人間にとってとても大切なものです。
車がなく移動手段は自分の足という時代に比べたら、現代の人たちは歩く機会が減ってきています。
和式のトイレが減り、掃除機などの便利な電化製品が増えて、ますます骨盤周囲の筋肉を使わない生活が当たり前となってきています。
妊娠すると赤ちゃんが通りやすいように出産までかけて、靭帯をゆるめ、骨盤を徐々に広くしていきます。
現代女性は、妊娠する前から骨盤がゆるみすぎている為、腰痛などの症状が出現します。

こんな症状はありませんか?

  1. 腰痛
  2. お腹が張る・下腹部が生理痛様の痛み
  3. 妊娠中に出血があり、医師より安静にと言われた
  4. 切迫流産・早産の心配や経験がある
  5. なかなか赤ちゃんができない
  6. 尿漏れが気になる
  7. 産後体型が戻らなくて困っている

1つでも当てはまる方は、骨盤ケアを始めてみませんか。
早期から骨盤ケアすることで赤ちゃんが過ごしやすい子宮内環境を整えてあげましょう!
当院では、骨盤を後ろから前に支え、ゆがみを矯正し、上記の症状改善が見込めるため、トコちゃんベルトを推奨、販売しており、スタッフが相談や説明、巻き方の実施を行っています。

■クリニック紹介

■サービス紹介

■受診の流れ

PAGE TOP